独学で韓国語を勉強する時、まず何から始めたらいいのか。

  • 6月 26, 2021
  • 12月 5, 2021
  • 学び
  • 55View
  • 0件

K-POPや韓国ドラマを見ていて好きなアーティストが話している韓国語を理解したい!

韓国ドラマを字幕なしで聞き取りたい!理解したい!と思う人は多いんじゃないでしょうか?

韓国語教室に通いたくても時間がない、お金をかけたくないなど人それぞれの理由で独学で勉強することを選ぶと思います

独学で外国語を習得する場合、何が一番大変かというと・・・

モチベーション維持と勉強の仕方だと思います

モチベーションの維持は、韓国人の友達を作ったり韓国語を勉強している友達と一緒に勉強する

または、好きなアーティストや俳優を想って努力するという方法があるかと思います

 

では、韓国語の勉強をどのように、どうやって進めていけばいいのか・・・

これが独学で勉強する難しさだと思います

韓国語習得に導いてくれる人がいないので、自分で自分を韓国語が習得できるように導いていかないといけないんです

外国語を習得する方法なんて分からないよ!と思う人も多いと思います

まず何から始めたらいいのかもわからない場合もあると思います

そこで、わたし하나が思う独学で韓国語を習得する方法をお伝えさせていただきます。

 

韓国語の文字(ハングル文字)は発音記号になっていることを知っていますか?

韓国語の文字のことをハングルといいます

ハングル文字は、子音+母音 の組み合わせでできています

さらに 子音+母音+子音(パッチム) という組み合わせもあります

この最後の子音がパッチムと呼ばれるものです

このパッチムと呼ばれる子音の発音は日本語にはあまりないので、日本人が習得するのは難しく感じるかもしれませんが大丈夫です!

発音の仕組みを理解したら楽しく韓国語で会話できるようになります

では、韓国語の勉強をしていきましょう

 

 

まずは韓国語の母音を覚えます

ハングル文字は母音が口の動きを表しています

文字を見ただけで口をどのように開けるのかがわかります

基本母音は 10個あります

その形は、縦棒(ㅣ)と横棒(ㅡ)を基本として、その左右または上下に短い線が1本か2本ついています

では母音を見ていきましょう

ㅏ  ㅑ  /  ㅓ  ㅕ  /  ㅗ   ㅛ  /  ㅜ   ㅠ  /  ㅡ   ㅣ 基本母音10個です

ㅏ[ア]  /  ㅑ[ヤ]  /  ㅓ [オ]  /  ㅕ [ヨ]  /  ㅗ[オ]  /  ㅛ[ヨ]  /  ㅜ[ウ] /  ㅠ[ユ]  / ㅡ [ウ]  /  ㅣ[イ]

この母音10個を見て「あれ?同じ音が2個ある母音がある!」と気づいた方はさすがです!

そうなんです、同じ音がありますね

それは・・・

「オ」、「ウ」、「ヨ」が2個づつあります

なんで同じ音が2個もあるの?と思いますが、この違いは口の大きさと動きです

 

まず、「ㅓ」「ㅗ」(オ)の違いですが

「ㅓ」の口の大きさは「ㅏ」より小さく下のあごを若干引くような感じで喉の奥から音を出します「ㅏ」(ア)は日本語の「ア」の発音の時の大きさで大丈夫です

「ㅗ」は唇をすぼめるように真ん丸にして発音します(口をすぼめて前に突き出す感じです)

 

つぎに、「ㅜ」「ㅡ」(ウ)の違いですが

「ㅜ」は日本語の「ウ」の形よりも唇を尖らせた形で発音します(口をすぼめて前に突き出す感じです)

「ㅡ」は唇を横に引いて発音します

 

そして、「ㅕ」「ㅛ」(ヨ)の違いですが

先ほどの「ㅓ」「ㅗ」(オ)の音に「y」を添加した発音になります

「オ」に「y」を添加すると・・・[O → YO](ヨ)となります

これを先ほどの「ㅓ」「ㅗ」の口の大きさで発音します

「ㅕ」は、「ㅏ」より小さく下のあごを若干引くような感じで喉の奥から音を出します

「ㅛ」は、唇をすぼめるように真ん丸にして発音します(口をすぼめて前に突き出す感じです)

 

このように、縦線や横線に短い線が2本ついている母音には「y」が添加されていると考えてください

ですので、「ㅏ」(ア)に短い線がもう1本ついている「ㅑ」は [a→ya](ヤ)となりますし、

「ㅜ」(ウ)短い線がもう1本ついている「ㅠ」は [u→yu](ユ)となります

 

これでハングル文字と発音の仕方がわかりました

 

 

まず韓国語勉強の第一歩として、この母音のハングル文字を覚えて発音する練習をしてみてください

文字を見なくても母音10個を言えるようにする為に、何度も口の動きを意識しなが「ㅏ ㅑ ㅓ ㅕ ㅗ ㅛ ㅜ ㅠ  ㅣ 」と声に出して覚えます

次に文字を見たらすぐその文字を発音できるようにします

地味な作業ですが発音の仕方をしっかり理解して身に着ければ韓国語を上手に話せるようになります

 

基本が大切

野球やテニスなどのスポーツもそうですが、始めてすぐ上手な人はいません

バット、ラケットの持ち方を覚えて何度も素振りして自分のフォームを作っていきます

世界で活躍するスポーツ選手も成功の裏には基礎を体に染みつくまで何度を繰り返すという努力をしています

言語習得もこれに似ていて基本を口が覚えるまで声に出して練習してみてください

 

 

韓国語の勉強を始めてドキドキ、ワクワクしていると思います

その気持ちを忘れず毎日楽しく韓国語を習得してくださると嬉しいです

 

 

最新情報をチェックしよう!